いい考え方と行動が必要だ

「10000を超えると神となる。千本ノックも、千日修業も千羽鶴も1000を超えると神が降りてくる。お金も千円から紙(神)となる。」(しもやんの伝説の小冊子より)

元気便りも2020年10月から再開したので、既に3年は過ぎています。ほぼ毎日書いているので1000は超えていますが、超えているだけという感じですね。

いい記事を書くためには、いい考え方と行動が必要だと思う今日この頃です。

強くたくましく生きる知恵と精神

長女が本日から出雲で暮らすことになり、昨日は送別会のようなものを我が家でしました。当初はゴルフ練習場遅番勤務でしたが、急きょ早番に替わって頂き私も参加しました。4人暮らしもつかの間でまた3人暮らしです。世の中には1人暮らしの方も多くてぜいたくは言っておられません。なお、3人+2匹ですね。(笑)犬も今や家族です。

今朝の新聞を見たら、2050年には全世帯の44・3%が1人暮らしになるとか、特に65歳以上の割合が全体の20%になるそうです。

どんな環境になっても、強くたくましく生きる知恵と精神を今から持ちたいと思った今日この頃です。

ハガキ名刺の前に好きな言葉を入れる

一昨日松江の職場に行ったら、何人もの人が「大島さん大丈夫ですか?」と言われ、この職場は温かいと思いました。そして私も温かくなりたいと思いました。

さて、プレゼンハガキ名刺が出来た上がったので、研究会サイトの情報館に入れました。これが、今後、どんな活躍をしてくれるのか楽しみです。

振り返ると、自分のプロフィールを紙に書いたものを頂いたことが2度あります。一度目は前職の時、輸入品の屋根材のメーカーの方が新任の挨拶に来られた時、二度目は7年前にセブンイレブンで仕事をしていた時に新任の担当者から頂きました。

多分、何かで習われたと思われます。その時はふ~んと見ていたのですが、今私がそれを広めていこうとは夢にも思いませんでした。

なお、ハガキ名刺の前に好きな言葉を入れたらいいと思います。例えば スペシャル(特別な)オンリーワン ワンダフル クリエイティブ

今後のハガキ名刺の活躍に期待したいと思う今日この頃です。

頼まれたことをすぐにやる習慣

「頼まれごとは試されごと」と言った人があります。人から何か頼まれた以上のことをして相手がびっくりするのです。そこまでしなくてもいいから、頼まれたことをすぐにやればいいと思います。

家庭内のことですが、妻が私に何かを頼むとすぐにやるようにしています。やらないと、その内忘れてしまうのです。後でいいからと言われてもすぐにやると、頼んだ方も気持ちがいいですね。やらないと、いったいやってくれるんだろうかと不安になり、また同じことを言わないといけない、これが不仲の原因になります。

昔、どこかの県の役所に「すぐやる課」がありました。頼まれたことをすぐにやる習慣を身につけたいと思う今日この頃です。

まずは、始めることが大事だ

昨日の続きです。身近な人に早速ハガキ名刺(プレゼンハガキ名刺)を見せたら、興味を持ったのは内容ではなくて私の似顔絵で、少しがっかりしたのですが、人により興味は様々だと納得、まあいいかなと思いました。

私は書くことが好きなので文章中心ですが、絵心のある方ならそれを中心にされたらいいし、イラストや写真を入れられてもいいと思います。若い方はその方が反応あるかもしれません。

昔、大阪まで行き、○○○レターの高額セミナーに参加した時に、必ず顔写真を入れてある程度の定番を推奨されました。ニュースレターに関しても、いろいろな人がこういう形をしたらいいと自分独自の路線を書いておられます。

私は形を求めず作らず、自分流に書けば作ればいいと考えています。自分のやりたいようにすればいいのです。まずは、始めることが大事だと思う今日この頃です。

身近なところで、何らかの成果が出れば私の自信になる

昨日はゴルフ練習場に仕事に行き、夕方には熱も平熱に戻りました。今朝はのどは痛いのですが、体調はいいです。人間の身体は自然治癒力という素晴らしいものを持っていて、ご飯を食べて栄養を取り身体を休めていれば、元に戻ることを改めて知りました。

さて、保険の仕事をしている身近な人がハガキ名刺に興味を持ったようで、見せてくれとのこと。私からは何も言っていなかったので、いくらか驚きました。身近なところで、何らかの成果が出れば私の自信になるのではと思った今日この頃です。

何と言っても身体が資本

昨日は朝から寒気がして体温を計ったら38度を超えていて夕方からの仕事をお休みしました。今朝は微熱に戻っていて何とか通常のことをできる感じで嬉しいです。何と言っても身体が資本ですね。身体と相談して、無理をせず、いろいろやりたいと思っている今日この頃です。

多くの人の生きがいになれるように

ゴルフ練習場に来られる方は、ゴルフは楽しみであり生きがいであるかもしれません。私もゴルフに熱中した時代があり、その時はゴルフが生きがいでした。今は覚めていてたまに仕事中の休憩時間に打つのは気分転換であり少しの運動です。更に上手になってコースに出ようという気持は無くて、ただ、将来、時間とお金があるようになったら行くかもしれません。

さて、生きがいをネットで検索したら下記の言葉が出てきました。

生きがいとは、生きていく上での支えとなる「心の張り合い」であり、簡単にいうと「生きていてよかった」と思えるようなことを意味する言葉です。 生きがいがあることによって、私たちは生き生きとして日々を過ごすことができます。 

生きがい”とは、「しあわせを感じるもの」、「生きる価値や経験を実現できるもの」と考えられています1。ただ、概念は非常に曖昧で必ずしも定見が定まっているとは言えません。国際的に見ても日本独自の概念と言えます。

昨日の便りに書いた私の今後の展開(展望)の中心である、「元気ニュースレター研究会」「雲南元気学校」「お役立ち屋」の3つが私だけでなく多くの人の生きがいになれるようにと願った今日この頃です。

追申 昨日は娘の自転車に乗り買物に行きました。天気も良く、久々の自転車を楽しみました。これも、小さな生きがいですね。

私の今後の展開(展望)の中心

昨日今日と久々に仕事お休みです。昨日は料理を覚えようとポテトサラダを妻の指導で作りました。私の好物の1つで、作り方は割と簡単、フリーノートの料理のところに手順と要点を記録しました。

次に作る時にはすっかり忘れているので、記録することが大事ですね。人間はすぐに忘れてしまいます。例えば、昨日の出来事など、失敗したことは割と覚えていますが、ほとんど忘れています。なので、私の便りやフリーノートに日々の出来事を書いているのは、記録に残り便利ですね。

その他、「雲南元気学校」「お役立ち屋」に続いて「元気ニュースレター研究会」のマグネットシートを注文しました。ホワイトボードに貼れるサイズは小さいものなので製作費はわずかです。

4月21日のセミナーの時に初めて使うので楽しみです。この3つが私の今後の展開(展望)の中心だと思う今日この頃です。

日々の1つ1つの積み重ね

「自分の命は 自分だけのものではない 自分の未来も 自分だけのものではない」(しもやんの伝説の小冊子より)

こうなったらいいなという未来を描いています。

同じ方向に歩く仲間がどんどんできて、それは組織ではなくて、1人1人が独立して独自のやり方で自立している、互いに切磋琢磨して常に進化成長する、そのためには今私が頑張らねば描いている未来はやってこないと思ったりしている今日この頃です。

日々の1つ1つの積み重ねを大事にしたいです。

あきらめずに続ける

「成功の反対は失敗ちゃうで 何もしないことや」(しもやんの伝説の小冊子より)

プレゼンハガキ名刺を作ったことにより、私の意欲も高まり、島根県内の商工会や商工会議所に送ろうと宛名書きを始めました。以前にも数回冊子他を送っています。あきらめずに続けることが大事だと思う今日この頃です。

以下プレゼンハガキの最初の一部を抜粋します。

お店・会社を良くする(発展する)方法は様々あると思います。新しい商品やシステム導入、営業力や情報発信の強化他、大切なのは一度お客様になられた方に固定客(ファン)になってもらうことです。ファンが増えれば商売繁盛、事業発展となります。

そんなファン作りの方法の1つにニュースレターがあります。その認知度はまだ低いのですが、これで集客をされているお店や会社はたくさんあります。

書くことで自分自身が元気になる

先日、滋賀のお友達からハガキ祭りに来られませんかというお誘いを頂きました。多分複写ハガキを書かれている方の集まりだと思います。私も昔のほんの一時期、複写ハガキを書いたことがあります。

控えが残ることに意味があるようです。相手に書いていると同時に自分にも書いているのですね。振り返って読むことで、自分の心の中の歴史を知ることになるのでは、と私なりに解釈しています。

私の元気便りも昔のを読むと、懐かしい思いにふけったり、また元気になったりすることもあります。

「書くことで自分自身が元気になる」これがニュースレターの真髄ではないかと改めて思った今日この頃です。

いよいよ4月に入り嬉しいです。暖かくなり手のしもやけも楽になり、着る物も薄着になりました。

昨日はゴルフ練習場の場内整備に伴いゴルフボール集めのお手伝いを午前中4時間しました。林の中に打ち込まれたボールを夢中になって拾い、あっという間に時間が過ぎました。

人生も何かに夢中になると、あっという間に終るかもしれませんね。問題は何に夢中になるかですね。目の前のことに夢中になるのも大事ですが、自分の目標や夢に対しても夢中になりたいと思った今日この頃です。

プレゼンハガキ名刺は今時点での私の集大成

数日前からとりかかっていた、「ニュースレターでお店会社が良くなる!」「ハガキ名刺っていかがですか!」そして私のプロフィールの3つをまとめたハガキが完成しました。いろいろ考えて名前を「プレゼンハガキ名刺」としました。

文章も以前の組合せは辞めて新たに考えてみました。新たな文章を考えて作るのは楽しいです。これぞニュースレターの真髄ですね。私の今時点での集大成になったような気がしています。

このハガキを世に出すことで、私の今後の人生に期待したいと思った今日この頃です。

面白いことが出来たらいいな

「面白そうなことにすぐに反応できているか それが面白い未来を引き寄せるコツである」(しもやんの伝説の小冊子より)

雲南元気学校便りを配布することによって、新たな親交が得られるような気がします。昨日は俳句の会のお世話をされている方に便りをお渡しして、俳句の話をしました。

毎月第二金曜日に集まりをされているとか、参加費も200円で誰でも参加できるそうで私も一度行ってみようと思いました。

俳句はテレビで見ていて興味があります。ニュースレターと共通している部分あるように思います。

また、昨日は次女と私の同級生の家を訪問して、健康と食のことなどを中心にいろいろお話しました。先日の将棋を楽しむ会に参加した次女が同級生に会い、いろいろ話をしたのがきっかけでした。

雲南元気学校も何か面白いことが出来たらいいなと思った今日この頃です。

新たなものを作ることで

すっかり春めいてきて、ワンコの散歩コースの桜並木もつぼみになり数日で咲きそうです。桜が咲くのは当たり前と思わずに、自然の素晴らしさに感動したいですね。小さな幸せに感動する感性を持ちたいものです。

さて、いつものひらめきで、「ニュースレターでお店会社が良くなる!」「ハガキ名刺っていかがですか!」そして私のプロフィールの3つをまとめたハガキを作ろうと思いました。原稿はパソコンの中にあるので、修正追加すればすぐにできます。

私が今後展開したいと思っている「ニュースレター元気セミナー」の真髄にしたいです。新たなもの(今までに書いたものの組合せですが)を作ることで、私の取組姿勢や意欲をより高めたいと思う今日この頃です。

ハガキ名刺はエネルギッシュ名刺

「道なき、その道も、君が歩けば、いつか道となり、未来を照らす光となる。その道を行け。」(しもやんの伝説の小冊子より)

名刺は初対面で渡すもの、一度渡したらまた渡すことは少ないです。その他、営業等で訪問して留守だった時に来た印として名刺に一言書いて置く、また年始とスタンプを押して年頭の訪問で使うこともあります。

ハガキ名刺はいろいろな使い方ができます。例えば表面は白紙にして裏面はプロフィールと何かの通信、自分の名前を使って○○通信、内容は最近の出来事などを書いてもいいと思います。

表面は手書きで感謝の言葉やお願い言など、郵送にも使えます。その他表面は何かのプレゼンにする方法もあります。

ハガキ名刺は、いろいろな応用もできて、エネルギッシュ名刺になりますね。4月21日のセミナーではハガキ名刺を皆さんに作ってもらおうと考えている今日この頃です。

行動すれば奇跡は起こる

「人生は、山あり、笑いあり、奇跡あり。」(しもやんの伝説の小冊子より)

長女が自転車を持って帰ったので、私が乗ることにしました。自転車に乗って、近くの店に買い物に行ったり、便りを配ったり、楽しみです。

昨日は久々のゴルフ練習場勤務、天気も良くてお客さんも多かったです。私も少し打ち楽しみました。当たるか当たらないかを考えず、手を振ることに意識を持ったら当たりました。

何事もうまく行くか行かないかを考えずに、とにかく行動すれば案外うまく行くような気がした今日この頃です。行動すれば奇跡は起こるかもしれません。

案内することで自分自身も何かが得られ・・・

広島庄原のI様からまたお葉書を頂きました。前回のお葉書でスイッチが入り4月21日のセミナーの案内ハガキを作り、便りと一緒に町内のお店に配っていますが、今回のお葉書で来られることを再確認してまた力をもらっています。

セミナーの案内は少しずつ町内のお店にしています。昨日は前職の時にはライバルだったお店の奥さんと談笑して、また来て下さいと言われました。一昨日に理容店へ行ったら、将棋の好きな人を教えてもらい、また俳句の冊子を頂きました。

案内することで自分自身も何かが得られ、また案内をもらった方も何かに役立つと思う今日この頃です。

将来の展望を描いて

昨日は長女の引越しで広島の福山へ行き一日が終わりました。福山は広島で2番目の都市で街全体も大きいです。娘も松江が6年福山が2年、8年の勤めお疲れ様でした。今後は新たな人生を歩みます。

昼食を鞆の浦で鯛めしを食べようと行きましたが、14時を過ぎてどこも閉店。でも、初めて行った鞆の浦、とても綺麗でした。

私は軽トラック、妻と娘は乗用車。松江尾道線を走りながら、将来の展望を描いていました。こんなふうになっていたらいいな、そんな自分を描いて酔っていた今日この頃です。